何故日本人(女性)はもてるのか?パート3

2011年01月22日

何故日本人(女性)はもてるのか?パート3

前回に引き続き、なぜ日本人女性がもてるのか?
について私なりの意見を紹介したいと思います。

なぜか?

「日本人女性は食事の知識が多国籍だから。」

だと思います。
海外に住んで、日本ほど外国の料理を貪欲に日々の生活に
取り入れている国民はない!と思わされる事が多々あります。
日本の食卓って、

アメリカのファストフード、
メキシコのタコス、
イタリアのパスタやピザ、
スペインからはタパスやパエリア

その他にも、韓国料理、中華料理、東南アジア料理、
トルコ料理、ロシア料理、インド料理・・
えぇ、挙げきらないほど多彩な料理に馴染みがありますよね。

また、レストランに行って、これらの外国料理を食べるだけでなく、
家庭の食卓にも外国料理が出る事は珍しくありませんよね。


一方で、他の国の女性の方と食事の話をしていても、
自国の料理は(当たり前ですが・・)知っていても、
他の国の料理になると、知らない&食べた事がないと
言う場合も少なくありません。

特に、料理が美味しいと言われている国の女性において
その傾向が見られました。例えば、イタリアや中国の方。

例えば、中国女性の方々曰く
「パスタねぇ、作った事ないし、食べたけど美味しくないのよね。
やっぱり中華が一番だわ」

と、中華ばかり食べていました。


また、イタリアの女性と一緒に過ごした事がありますが、
彼女&彼女のイタリア友人も、毎日サラダ、パスタ、リゾット、ピザ
がルーティーンするのみです。


日本女性の方は、新しい味へも抵抗なく挑戦して、
加えて気にいると家庭料理に取りこんでしまいます。

外国でも、やはり食事は女性が作る場合が多いので、
彼女や奥さまが、自国の料理だけでなく多国籍に料理を作れるのは
嬉しいですよね。


もちろん、料理一つだけの視点で
「日本人女性はもてる」

とは言えませんが、大きな要素の1つだと私は感じます。



posted by うかさくら at 01:26| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。