2011年01月20日

食生活の違いは結構大変:パート2

カップル&夫婦間の食事の違いに関する話で
もう1つ興味深い話があるのでご紹介を。


前回は

「イギリスと日本」

の国際夫婦でしたが、今日は

「南アフリカと日本」

の国際カップルの体験談です。

私自身、加えて私の友人の多くが外国人と言えど
白人との組み合わせです。なので、南アフリカの方と
お付き合いしている彼女の体験談は驚いてしまう事が
たくさんあるんです。
(彼女の話は、別の機会で紹介したいと思います)

もちろん食事の話もネタがつきません。

彼女のつぶやきは、他の外国人彼氏(旦那)を持つ方と変わらず

「日本食のウケが悪い」

(彼女の料理がまずいわけではありません。
やっぱり日本食は繊細すぎるんですね。)

ただ、彼が日本食を嫌う理由が私にとっては
新鮮でした。何しろ彼曰く

「甘い料理なんて信じられない」

つまり、砂糖を使って料理が信じられないそうです。
直接&間接的に砂糖を使ってつくる料理と言えば、

肉じゃが
すき焼き
寿司

はい、挙げたらきりがありません。

面倒みがよく優しい彼女は、彼の口に合うように考えて料理を
作ってあげているようです。(健気ですね・・・えらい。)

最初こそ不満があったようですが、最近は彼好みの味付けも
慣れたようです。あぁこの方、本当に素晴らしいと思います。

私ならば(旦那に)自分で料理を作ってもらいますね。

posted by うかさくら at 01:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

浜崎あゆみさんの結婚で思う事

浜崎あゆみさんがオーストラリア人の方と結婚されましたね。
おめでとうございます。

しかし、Yahooのニュースのコメント欄には、どちらかというと
ネガティブなコメントが多いようですね。

おめでたい事なので、
「祝福してあげればいいのになぁ・・・」と、
思いつつ、コメントを眺めていたら気になるものがありました。


「外人かぶれ」

とか

「美的感覚の違う外人しか相手しない」


あぁ、日本人って未だに外国人(白人)コンプレックスを
持っているんだなぁと思うと同時に、未だに島国的発想が
抜けていないんだなぁと感じました。


浜崎さんの挙式後のスタイルが金髪に大きなサングラス姿。
それを指して「外人かぶれ」と非難していますが、
これは、元々この方のスタイルで、結婚前は大きく非難される
事はありませんでしたよね。

これが、外国人という配偶者が出来た途端、
「外人かぶれ」呼ばわりですから、ちょっぴり極端だなぁと
思わざるをえません。


更に、「美的感覚の違う外人しか相手しない」とも
非難されていますが、外国人(特に白人)の方は、
アジア人らしく、黒髪(加えて長髪)を好む方が多いです。


浜崎あゆみさんには興味はありませんが、
結婚生活が長く幸せに続く事を願います。
posted by うかさくら at 02:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外国人と付き合っている日本人

外国人と付き合ったり、結婚する人って、
ある共通する特徴がある気がします。

類は友を呼ぶのか、私の友人も海外結婚をした人が
少なくありません。

先に断っておきますが、私も含めて友人は
普通の教育レベル&普通の容姿です。

他の子たちと比べて、抜きんでた美しさや頭脳は
あるとは、残念ながら言えません。


では、何が違うって?

性格だと思います。

・1人で行動するのも平気
・社交的
・意見がはっきりしている

こんな特徴を持っているかと思います。

アジア人は集団行動を重んじる傾向がありますが、
一方で英語圏内とヨーロッパ圏内の人は個人主義が一般的です。

なので、若い子たちに見られる「皆で一緒に行動する」が
外国人にとっては、とても異質に見えるそうです。

そして、その集団の中に入るのが怖いんです。
逆の立場で考えてみると、その怖さが想像できるかと思います。

例えばあなたがイギリスに留学して、
学校にいるイギリス人生徒の集団に声をかける勇気がありますか?

私はありませんね。

外国人も思う気持ちは同じなんです。

外国人の彼や彼女を作ろうと決心したら、
時には1人で行動してみるのも良いでしょう。



posted by うかさくら at 01:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。