2011年01月06日

魔のクリスマス:パート2

楽しいはずのクリスマスが、私にとっては苦痛な理由に
ついて紹介します。

何故って?

1つに、「言葉」です。
家族が揃って一緒にする事といえば、食べるか、話すか、
テレビを見るしかありません。
何しろクリスマスの日は大半のお店が閉まっているからです。

ドイツ語が話せない私にとっては、家族間の会話が分かりません。
そのため、無言のまま食事をする事になります。
これ、けっこう苦痛なんです。

皆に囲まれて、ぽつーん・・っと、孤独な気持になります。
笑いが起こる時など「何笑ってるの!?」と、半泣き気分です。


次に、「料理」です。
日本人は世界各国の料理を、むしろ好んで挑戦するきらいがあるかと
思いますが、ドイツ人はその逆。旦那の実家では、ドイツ料理の
オンパレードとなります。

ドイツ料理といえば、「肉」「ソーセージ」「ジャガイモ」「固いパン」
そして「煮込み野菜」。

この料理が見事にルーティーンで登場します。
5日もこの料理をいただくと、はっきり言って飽きますし、
生野菜が登場しないので、食感のあるフレッシュな料理が
非常に恋しくなります。


最後に「文化の違い」です。
日本人として良かれと思う事が、ドイツ人から見て不思議に思えたり、
ドイツ人にとって当たり前の事が、日本人である私からすると
気分を害したりします。


国際結婚して良かったな〜と常々身にしみて思いますが、
このクリスマスの時ばかりは、辛い気分になります。


posted by うかさくら at 01:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魔のクリスマス

遅れてしまいましたが、

明けましておめでとうございます。
本年も何とぞよろしくお願い申し上げます。

皆さま、クリスマスとお正月はどのように過ごされましたか?
私は、典型的なドイツの休暇を過ごしてきました。

我が旦那「はじめに」でご紹介させていただいた通り
ドイツ人なのですが、キリスト教が大半であるドイツは、
クリスマスに日本人には考えられないほど長い休暇に入ります。

旦那は短いと不満をたれておりますが、昨年のクリスマス休暇の
日数は14日!一方、日本企業に勤める我が妹は5日とぼやいておりました。

さて、このクリスマス休暇に何をしていたかというと、
まずは24日を家族揃って迎えるべく、旦那の実家宅に帰省しました。
この時期は(キリスト教の)ヨーロッパ人が大移動するので
電車は混み、飛行機は値段が跳ね上がります。

混雑を避けて、少し早めに帰省を試みた私達ですが、
あまりの人の群れに、立ったまま電車に乗るはめになりました。

そして、実家で何をするかというと、家族団欒です。
家族が揃ってご馳走を食べながら近況を話しあうなんて、
ほんわかと平和なひと時なんでしょうが、
外国人である私にとっては「魔」の時間となるのです。

何故って?
次のブログでご紹介しますね。
posted by うかさくら at 01:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする