2011年01月29日

セックスに対する考え方

セックスに対する考え方って、
性別によって大きく異なりますが、
国が変わっても異なります。


日本人の女性の方は、

「セックス=私は彼女」

と、セックスをした相手は「自分の彼」
もしくは「今日から彼氏」と捉える方が多いですが、

はっきり言って、そんな事はありません!!

海外では、恋人未満友達以上の関係同士でも
セックスをする事は十分にあります。
そして、その後必ずしもカップルに発展するわけでは
ありません。

男性も女性も割り切ってセックスしています。
えぇ驚く事に女性の割り切り方もイサギが良いのです。
かわりにコンドームは必ず使います。


日本人の方の場合、

「やりにげ」

という言葉がある通り、セックスしたのにも関わらず
彼氏・彼女の関係に発展しないと、やりにげと非難されますよね。

日本だけなら通用しますが、外国ではどんなに騒いでも
同情されるどころか、うっとうしいと思われてしまう場合もあります。

もし
「あいつ、やり逃げしたのよ!」

なんて愚痴っても
「いやいや、そこは割り切ろうよ」
と言われるか

「いやいや、あなたもセックスで楽しんだでしょう」
と思われて同情はもらえません。


海外の男性って、日本の男性に比べると
色っぽいセリフを言ってくれるし、体にベタベタと触れてくるので
うっかり体を許しがちですが、ぜひ判断は冷静になさってくださいね。



posted by うかさくら at 05:26| 付き合うまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

誤解しちゃう外人の行動

今日は外国と言えど、ラテンの国の方の話を。

私がまだ日本にいた頃、ヨーロッパ人は大小の違いこそあれ
みんな同じ気質なんだろうと思ってました。

が、

いざヨーロッパに住んでみると、国によって性格や文化が
全く異なる事が分かりました。もちろん女性への接し方も
全然違います。

北ヨーロッパの方々(例えばイギリスやドイツの方)は
日本と似て、初対面の際には比較的おとなしく、仲良くなったと
しても、話している最中に体に触れてくる事はありません。

一方で、ヨーロッパでもラテンの国から来た方
(フランス、イタリアなど)は、北ヨーロッパに比べると
何倍も陽気です。何しろ「初めまして」の挨拶が、

「おぉ、こんな女性に会えるなんて、
今日の僕はなんて運がいいんだ」

と歯の浮くセリフを平気で言っちゃったり、

「初めまして、美しい人」

と私の手を取り、手の甲にキスをする方もいました。

話が盛り上がってくると、私の体に触れてくる事も
しばしばあります。いつも「相変わらずラテンの男性は
陽気だなぁ」と思うのですが、こういう事に慣れてないと

「もしや!?彼は私の事が好きなの?」

と勘違いしてしまう人もいるかと思います。
ラテン男性の言う事や行動は、冗談半分で聞いた方が
良いですね。
posted by うかさくら at 04:48| 付き合うまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

恋愛のはじまり

外国人との恋愛の始りってどんな感じでしょう?

正直なところ、
日本人とあまり変わりがないと思います。

グループ行動から発展して、二人だけで頻繁に電話や
お出かけしたりするようになり、

そしてお出かけの最中には、
肩や手が触れたりして、そのたびにドキドキしたり。

恋愛の始まりって、どこかウキウキとして、
一方でどこかモヤモヤとしてますよね。
こんな淡い感じは、日本人も外国人も同じです。


ただ、日本人に比べると「好き」という言葉を
はっきりと口に出す方が多いと思います。

私の旦那に関しては、かなり極端で、

「君は僕の彼女に、そして奥さんになる人だ」

と、告白とプロポーズが一緒になってました。
さすが個人主義の国で生まれ育っただけあります。
自分が良しと考えたら、友人に

「ねぇ、どう思う?」
「ねぇ、彼女は僕の事、どのようにみてるかなぁ?」

などと調査もせず一直線です。


逆に、デートを重ねて体の関係を持ったのにも関わらず
「好き」と言ってくれなかったりする場合は、
遊ばれている可能性が高いので気をつけましょう。

まぁ、割り切って体の関係でいいというならば別ですが。
posted by うかさくら at 23:30| 付き合うまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。